鳩による被害には様々なものがある

都心部には鳩のような野鳥が多く生息していますが、こういった野鳥が住宅に住み着くとさまざまな悪影響が発生してしまいます。早めに鳩対策を行なっている業者に相談すると良いでしょう。業者にここでは鳩が住宅に住み着くことで発生する被害や、被害を回避する方法をご説明します。

鳩がもたらす被害を知って適切な鳩対策をしよう!

鳴き声による被害
公園や神社などの広い場所は音が響かないため、鳩の鳴き声をうるさく感じることは少ないです。しかし住宅に鳩が住み着くと毎日鳩の鳴き声が聞こえてしまい、ストレスを感じてしまう可能性があります。人によってはノイローゼを引き起こしてしまうこともあるため、住宅に鳩が住み着いてしまった際は鳴き声に注意しましょう。
糞による被害
鳩が落とす糞の量はとても多く、住宅内に鳩が住み着くと敷地内が糞でひどく汚れてしまうことが多いです。糞はすぐに清掃を行なうことできれいに落とすことが可能ですが、落ちている範囲が広いと掃除の際に多くの手間と時間がかかります。また糞には雑菌などが混じっているため、放置しておくと健康被害を発生させる危険性が高いです。

鳩の被害に遭わないためには

鳩が住み着くことによって生じる被害を予防するには、住宅環境を鳩が近寄りにくい状態に変化させる必要があります。人によっては鳩の捕獲や駆除を考えることもありますが、現在は鳥獣保護法があるため鳩を捕獲したり傷つけたりすることはできません。そのため鳩対策を行なう場合はネットなどのアイテムを利用し、鳩を傷つけることなく侵入を予防するのが一般的です。まずは鳩避け有効なアイテムを設置して、鳩の侵入を防ぎましょう。

鳩の鳴き声の種類

鳩の鳴き声にはいろいろなパターンがあり、状況に応じて声を使い分けています。そのため鳩の駆除を行なう際は鳴き声を聞き、適切な対策を考えるのが最適です。まずは、鳩の発する鳴き声についての情報を集めてみましょう。

鳩が鳴き声を発するパターン

鳩の鳴き声に毎晩悩まされています。鳩は何故こんなに鳴くんですか?
鳩が鳴き声を発するのは主に繁殖期に入った時と、自分の縄張りに他の鳩が侵入してきた時になります。鳩は繁殖を行なう際に鳴き声を発することが多いため、住宅周辺で鳴き声が聞こえた場合は鳩に住み着かれないように注意しましょう。
また鳩は他の鳩が自分のテリトリーに侵入してきた時、帷幄するために鳴き声を出します。そのため住宅に複数の鳩が住み着いていると、最初に住み着いていた鳩が他の鳩を威嚇するために常時鳴き声を出し続ける可能性が高いです。

鳩対策をしないと大変なことに・・

鳩

鳩が住宅に巣を作ると鳩はその場所を自分の縄張りであると認識し、どのような場所にいても必ず帰ってくるようになります。そのため一度住宅内に巣を作られてしまうと、その後何度も鳩が住宅へと侵入してくる可能性が高いです。鳩が集まりやすい場所は特に要注意です。しかし、鳩が住宅に住み着く前にしっかりと鳩対策を施しておけば、こうしたトラブルの発生を未然に防ぐことができます。

TOPボタン